RabiRa情報発信部

当サイトはAmazon、楽天アフィリエイト、Googleアドセンス広告を利用しています。

【第179廻】シャーマンキング原作の感想をただのファンが改めて書く

初回

www.tokohya.work

 

前回

www.tokohya.work

 

 

 

   

 

 はじめの注意

こちらは私個人の素人感想ブログです。

読み手様はいろんな意見をお持ちでしょうが、その気持ちを大切にしているように

私も自分の気持ちのままの感想を書きます。

合わない方はこのブログを見なかったことにしてください。

感想なのでネタバレも含まれますが「このブログを読んだからもう漫画読まなくても良いな!」となって欲しくないので主観のみを綴り、あらすじ説明は一切しません。

この記事に興味を持ったらぜひその目と心と魂で読んで頂きたく思います。

「改めて書く」が趣旨なのですでに先の展開も知って書いてます。

感想話数よりも随分先の展開もネタバレするので、ネタバレを気にするマンキンご新規さんは閲覧にご注意下さい。

 

推しは道蓮です。

テンションが他のキャラと比べて格段に違うと思うのでご注意下さい。

御了承頂いた方のみの閲覧をお願いします。

 

参考漫画

 

アニメ該当話 

 

2021年版

www.tokohya.work

 

第179廻「禊 ザ・蓮」

 

UCピーチカード、今見るとネタにしてはダイレクトすぎて笑う 隠しきれてない。

 

クロムさんのキャラデザ、こんなに唇厚ぼったかったかな?と思いつつ、私がちゃんと見てないだけともいう。

よっぽど推ししか見てない。だって絵柄が変わってからの過去シーンのリメイクって滾るものがありますよね。蓮の顔4巻の当時とだいぶ変わってて二度うまい。トップは常に道蓮のみ。そう私の2次元の推しのトップは20年以上ずっと道蓮。

 

場面変わってまん太と竜さん。私はこのコンビも好きです。

竜さん、今の私の中ではベストプレイス、男気、頼れるアニキ!みたいなカッコいいイメージが先行しがちなんですけど、そうだったメイデンちゃんの鍵穴とかリゼルグくんとか憎めないギャグ枠とかそういうポジションも持ってて、そういえば20年前の私はそっちのちょっと情けないイメージの方が先行してたなと思いまして…時が経つとキャラクターをどの方面から見えるかという変化もあるので面白いですね。

竜さんはどちらの面も併せ持ってるからそこが味わい深くて人気キャラ!とも言えるのですが!この数ページでほぼ全部の面を見せてくれますからね!まん太を肩車…ですらない、リーゼント車してくれますからね!

 

はいページ捲る!蓮メイ!!(直球すぎる)

この夫婦夫婦なのに無印では同じコマにいる回数数えるほどしかないですからね〜夫婦なのに〜もっとくれよ〜って今なら思いますね 今ならね 当時は蓮にガチ恋してたので無理でしたねここからのシーン全然見られなかった

推し、蘇るのに…

蓮VSクロムの走馬灯、この長〜〜〜〜〜ァい厨二病マント衣装好きだったんですよね…今は着ないね(着られても困る)アレはオシャレではなく武器のひとつだったのですね、いや兼ねてたんでしょうね。

 

ぼっちゃまはよくケツ見せてくれる。

「怖さから逃げるように敵を攻撃する」「攻められたくないから相手を攻め立てる」

事実だと思う。そういう育ちをしてるからそうなるんだと思う。道円も自分の子供すら信じられなくてあの巨大オーバーソウルを身に付けていた訳だし、親子そっくりなんだと思う。

道家の人間、幾度となく他の組織から狙われたりしてたんだと思う。蓮だって道家の時期頭首になる。何度も狙われたのかもしれない。自分を守るために攻撃するしかなかったのかもしれない。

 

過去の自分にやめろと言い聞かせる。でも過去は変えられない。悔いている。

相手を傷つけて自分の弱さを否定する事しかできなかったけれどそれはもう否定すらできていない。弱さそのものですよね。

それにやっと気付いたけれど、気付くまでが遅すぎた。だからわざと刺された。こんな罪を犯した自分がのうのうと生きている事自体がもう許せないんだと思う。だから本人はこれで一旦死を受け入れてしまっているんですよね。この後幾度と死にたがる蓮くんですから…(続編外伝のレックリでジャンヌちゃん亡き後も後追いしたがるし…)だから4回死んでも巫力上がらないんですよね…受け入れてるのではなく、まあこれで良いかと流されてる所が彼にはあるので…

 

でも葉くんがまた自分の為に動いてるなら話は別ですよね。

蓮は自分の為にわざと刺されたのに、なんでそこに葉くんが出てきて彼の夢が犠牲になってるのか!これじゃ話が違う!!ってなって最後のコマ。

この最後のコマは何だ?勢い?と毎度思う。

 

 

www.tokohya.work

 

私が書いてるシャーマンキング系の記事

www.tokohya.work

 

 (記事数めちゃめちゃ多いのでブログトップ、またはカテゴリから一覧出した方が早いかもしれません…)