RabiRa情報発信部

当サイトはAmazon、楽天アフィリエイト、Googleアドセンス広告を利用しています。

【第13廻】ただのファンがSHAMAN KING FLOWERSアニメの感想を書く【愛だ!!!】

 

 

 

 

 

 

 

自分ルールと注意

・当ブログが見ているアニメは「テレビ東京、火曜24:00放映」の最速放送版です。

・約20年マンキンのファンやってる所謂「古参オタク」にあたる者が書いている感想ですが続編は読み込みが浅くほとんど記憶がない中途半端な状態で記事を書いています。

・マンキン全シリーズのネタバレ全開です。アニメや原作、その先の連載最新話の展開も踏まえた感想を書く場合もございます。

・趣味で書いてます。ただのファンの個人の素人感想ですのでご自身の感想をお持ちの方は私に述べずにご自身の感想記事や各SNSで披露して下さい。

・推しは道蓮とその一家です。キャラの登場シーンによってはテンションが変わりますのでご承知おきください。

 

以上を踏まえて大丈夫な方のみどうぞ!

 

 

初回

www.tokohya.work

 

前回

www.tokohya.work

 

 

 

 

 

 

 

感想

 

最速放映日:2024年4月2日(火)

今回原作でいうと26廻~29廻の部分です。 

 

 

 

な、泣きました…知ってる漫画なのに知らないシーンがたくさん追加されてて泣きました…

原作の補完シーンがとても良かった…尚且つ必要のないセリフはガツガツ削っている…

綺麗に4話分です。ありがたい事です。

ストーリーに対する感想は原作感想記事が別にありますので、ここでは追加シーンを中心に感想を書いていきますね。

 

ルドセブから始まる無印版からのテーマのひとつ「やったらやり返される」はフラワーズ後の展開でもたくさん出てきますよね。だからきっとアニメで再度確認で出てきたのだと思います。ルドセブから出てくるのがまたポイント。彼はやられたからやり返せる権利がある人間なので。

 

なくても話が理解できるセリフはガンガン削るのに、花くんが「若い桜井……」とか「ここはプチ修羅地獄で〜」とかその辺の追加セリフがあるのは面白かった。このアニメ、終始「わかりやすさ」を中心にしててブレない。初見に優しい。

実際の地名や戦闘機の名前やら桜井の所属部隊名等諸々、史実にある部分がアニメでは色々省かれてる分見る側としてはだいぶマイルド(それでも戦闘シーンはアニメでもかなり胸糞悪かったですよね…原作28話の所………)無印チョコラブの件もありますしアニメ的にNGというのはあるのでしょうが…

その代わり日笠陽子さんの震える声と花くんの揺れる表情、襲撃が始まった時のリアルな中学二年生の花くんの恐怖の表現(ここは漫画ではひとコマしかなかったのでアニメではより丁寧に見えた)がリアルさをカバーしてる所はあります。

漫画だとリアルすぎて読んでるとだんだん気持ち悪くなりますからね…その辺花くんへの感情移入も半端ないという部分はありますが、漫画は漫画、アニメはアニメで楽しめる点がそれぞれあるので個人的にはあまり気になりません。アニメが初見だよ!という方はぜひぜひ漫画版も読んで欲しいですね。

 

そしてラストシーン。ここにシャーマンキングフラワーズアニメの全てが詰まっていましたね。

漫画にはない追加シーンの連続。

葉くんとアンナさんがここで出てくるのはずるいよーー!!!(泣泣泣泣)こんなシーン知らねえよお!!!!

ご両親が花くんを大切にしている。つまり愛されているという事実がここではっきりと証明されているんですね。

正直漫画を読んでると「葉とアンナ、普通に親としてありえなくね?」となるんですけど、実はそうではない。

漫画でもアニメでもグレートスピリッツで葉と花が対面している時に葉の遠回しの表現で実は花への愛を表現しているんですけど、これめーーっちゃわかりづらい…私の推しは麻倉ではないのでそのシーンの深読みはあまりしなかったんですね…

その辺は原作感想の別記事にで書いてるので今回は省きますが…

私は今回原作感想記事を書いた事で「麻倉葉、そういうことか…!!!」という私なりの回答に気付いたのですが、いかんせん原作では全くその辺の答え合わせがない。

今回のアニメ、本当に「わかりやすさ」をテーマにしてるんじゃないかというわかりやすさなので、はっきりと葉とアンナがここで登場し、花が愛に気付き、ぽろりと泣き、グレートスピリッツに緑が芽吹き、桜井のモノローグがあり……ここまでご丁寧に…!という感動で圧巻ですね。

 

個人的には原作が国語のテストだとしたら、今回のアニメは解答編だと思っています。

原作にはヒントはたくさんあるけど決定的な答えがないんです。ご想像にお任せします。答えは他人ではなくあなたの心の中に。大切なのは(読者自身がどう感じるかという)心だ。というスタンスですよね…

原作だけ読んでいたら花くんが愛に気付いたのは「桜井→千春さん」を見たからだと勘違いしてしまう。要は他人の経験でのみ理解することになる。それを今回アニメで葉くんとアンナさんが出てきたシーンで花くん自身も愛されていたと気付く。

桜井も死んでも生きて帰る、千春さんに会うという決定的な答えを口にしている。こんなにダイレクトに!!

原作だと「自分の大切な機体を故郷に返して欲しい」としか言わないですからね。機体を返す=自分も帰りたい なんてほんと国語の読解問題です。

シャーマンキングは終始こんなのしかない。だから読んでも理解が進まない、でもこのなんでも正解を言えば良いってもんじゃないっていうスタンス、私は大好きですね。味があって。

でもそれを原作ではなくアニメがわかりやすく補完してくれる。アニメの役割として非常に良いと思います。なんでも答え合わせするのが正しい事では決してないけれど、でも原作とアニメがそれぞれ違う表現で同じひとつの結末に向かうのはとても良いのかなと!

アニオリがある事での花くんや桜井に大きな解釈違いは個人的にはなかったですし、むしろ予想していた私なりに出した答えとなんとなく同じだった安心感もありますし…

原作とアニメ両方で色んな楽しみ方が増えますし、原作はもう10年も前に読んでるのでアニオリあると新鮮に喜べますし、なによりわかりやすいものがひとつあると他人に布教しやすい…

 

シャーマンキングフラワーズ、100点満点のアニメだと思います。

令和で1番好きなアニメになりました。

 

ところで今回のアニメ、原作未読の家族と一緒に見てたんですけど(無印アニメは全話視聴済です)原作を一切知らないので「ここで終わり!!!?!!!!」という新鮮な悲鳴が聞けて良かったですね…そうなんですよ…ここで終わりなんですよ…ほんと地獄だよな…仕方ないよ…原作は雑誌廃刊による打ち切りなんだもの…

 

しかし、

続きは、あります!!!!!

 

花くんと桜井はどうなるのか!続きはスーパースターを読もう!!!

 

ちなみにブラックメイデンとアイアンメイデン・ジャンヌのいざこざは別の漫画だ!!

 

 

そして鴨川の幼少時代の話も別の漫画だ!!!

 

頼もしい味方!花組の過去編の漫画もあるぞ!!!

 

フラワーズ桜井の元となった武井宏之先生デビュー作の読み切り漫画、「デスゼロ」の掲載はマンキン無印33巻に収録!

 

 

シリーズ多いな!!!!!!!!!

でも全部繋がってるんだ!全部読もう!!

ちなみに家族に漫画を薦めたところ「アニメ化するまで我慢する」との事だったので(読めよ…)

シャーマンキングシリーズ全作品のアニメ化をよろしくお願い致します!!!!!!!

続いてくれ!!!!たのむ!!!!!お願いします!!!!!Blu-ray予約して買うから!!!!

 

以上!

ありがとうございました!!!

 

 

 

 

このアニメにあたる原作感想

【第26廻】シャーマンキングフラワーズ原作の感想をただのファンが書く - RabiRa情報発信部

【第27廻】シャーマンキングフラワーズ原作の感想をただのファンが書く - RabiRa情報発信部

【第28廻】シャーマンキングフラワーズ原作の感想をただのファンが書く - RabiRa情報発信部

【第29廻】シャーマンキングフラワーズ原作の感想をただのファンが書く - RabiRa情報発信部

 

平成版無印アニメ感想

www.tokohya.work

 

令和版無印アニメ感想

www.tokohya.work

 

 

無印版原作感想

www.tokohya.work

 

 

 

私が書いてるシャーマンキング系の記事

www.tokohya.work

www.tokohya.work

 

 

ビックリメンアニメ感想

www.tokohya.work

 

記事数がそれなりあるのでカテゴリから一覧見た方が早いかもしれません。