RabiRa情報発信部

当サイトはAmazon、楽天アフィリエイト、Googleアドセンス広告を利用しています。

【第46廻】シャーマンキング原作の感想をただのファンが改めて書く

 

 初回

www.tokohya.work

 

前回

www.tokohya.work


 

 

 

   

 

 はじめの注意

こちらは私個人の素人感想ブログです。

読み手様はいろんな意見をお持ちでしょうが、その気持ちを大切にしているように

私も自分の気持ちのままの感想を書きます。

合わない方はこのブログを見なかったことにしてください。

感想なのでネタバレも含まれますが「このブログを読んだからもう漫画読まなくても良いな!」となって欲しくないので主観のみを綴り、あらすじ説明は一切しません。

この記事に興味を持ったらぜひその目と心と魂で読んで頂きたく思います。

「改めて書く」が趣旨なのですでに先の展開も知って書いてます。

感想話数よりも随分先の展開もネタバレするので、ネタバレを気にするマンキンご新規さんは閲覧にご注意下さい。

 

推しは道蓮です。

テンションが他のキャラと比べて格段に違うと思うのでご注意下さい。

御了承頂いた方のみの閲覧をお願いします。

 

参考漫画

 

 

 

アニメ該当話 

 

2000年版

www.tokohya.work


 


2021年版

 

www.tokohya.work

 

 

執筆日は2021年5月です(アニメ始まっちゃったから焦っている)

ひそかに原作感想記事は予告なく増えてるのでこのブログをスマホで見てる方はホームボタンに当ブログを追加してやってください。たまにでもいいから見に来てくれると嬉しいです!

 

第46廻「そんな勇気」

 

 私の場合、この話は全て最後のコマに持っていかれる話なんですけれども。

それ故に、麻倉葉にとってのターニングポイントとなる話というのを個人的には忘れがちです。

そう、すべて最後のページのせいです。

 

とはいえこの記事はマンキン全体に関する感想を述べたいと思っているのと、「改めて感想を書く」が趣旨なので、約20年前に読んだ「キャー推しカッコイイ!!」だけではない別の目線で書いてみようと思います。

 

46廻、ページ数の割にかなり話の密度が高いのでどこから語ろうかな……最初から順を追って感想を話していこうかな。

いつもより長文になりますので目次分けますね。

 

扉絵

アンナさん、カッパを買いに横浜中華街に行ったのかな?

カッパの横に潤さんのチャイナ服が売られています。

www.google.com

試合会場(猪口浜外国人墓地)の元ネタである横浜外国人墓地と中華街めちゃめちゃ近いんだわ……

聖地巡礼として優秀。

 

シャーマンキングのいいところはリアル世界が舞台なので聖地が鬼のようにある事です。

 

葉の敗北

 葉くんの巫力が切れて敗北が確定するのですが、もうシルバの持霊さんたちみーんな葉くん贔屓じゃん??って笑う。

「あんなに頑張ったのに負けだなんてあんまりだ!」っておまっ、ファウストだって頑張ってるよ!!笑

 

ここの葉くんの言葉を見て欲しいんですけど(長いので引用はしません)

「ただ楽になりたい」「勝ち負けにこだわらなけりゃ苦い思いもしなくて済む」

原作一話からこの瞬間までの葉くんの「なんとかなる」は、個人的には「ただの逃げ」かなって思いました。

ホロホロに勝った時もまん太に「最低だね」って言われるじゃないですか。

www.tokohya.work

 

言葉の端々で現れるこの時の葉くんの心情、ほんとうにただのおきらく少年なんですよね。

「負けてもまあそれはそれで」ってどこか「ユルい」のでなく「ヌル~い投げやりな気持ち」で思ってたんじゃないのかなって。現に今まで勝ち進んできてしまった訳ですし。なんとかなっちゃってたんですよね。

この辺葉くん本人からは説明がないので国語の教科書、主人公の心情を読み取れ問題なんですけど……ここに答えはないし私の感想が正しいとも思っていませんが……

 

でも今回負けて本当に大切な事に気付くし、それを言語化して葉くんに教えてくれるのが阿弥陀丸なんですよ。カァッコイイ!!!

 

阿弥陀丸に言われてやっと葉くんは本当の意味での「なんとかなる」に気付いたんじゃないのかな、なんて思います。

いやあ、良いバディです。

そりゃアンナさんもおセンチになっちゃいます。

 

「どんどんあたしから離れていく」

ここも胸が痛い。

でも葉くんはきっとそんなアンナさんを置いて行ったりしない。最後にはちゃんとアンナさんの元に戻ってくるよって言いたいですね。

この時のアンナさんも「いい女」に気付くまでの途中なのかな……

トカゲロウ戦で泣いちゃったり、葉くんを助けようと飛び出して行ったり、浮気を疑って騒いじゃったり、若々しさがありますよね。

葉くんも成長するように、アンナさんも今後もっとどっしり構えてくるというか……変わっていきますよね。

 

ファウストの逆襲からの最後

と、今まで「静」だった展開ですが、さすがに少年漫画。ここで終わったら少年少女読者には少々物足りない。

ファウストが動きます。

 

「12730㎏のカルシウムの巨人」

 

これはねえ、20年経ってもソラで言えるくらいのインパクトありました。

 

むしろこの最後の「動」展開にすべての意識を持っていかれるので、前半部分の葉くんや阿弥陀丸、アンナさんの大事なターニングポイントが隠れがちです。

というか実際のこの話、めっちゃ葉くんにとって大事な話じゃん!って気付いたの今この記事を書いている瞬間です。

お前はシャーマンキングを読み直せ!!

 

12730㎏のカルシウムの巨人もバカみたいにインパクトありますが、私が意識を持っていかれたのはこの直後。

 

ええ、我が推し、道蓮の登場です。

 

①葉くんがあんなに苦戦した強敵を一撃で葬り去り

②牛乳を三本飲んでいるという新情報を付け加え

③次の対戦相手だから助ける

 

 

なんなんでしょうねこの白馬の王子様は。

この最後のコマの絵……顔が良すぎませんか……??

いやぁ……大好きですね……

もうね……これは前半の展開が彼のゴールデンで全て霞んで見える……

全て忘れますね……(そして振り出しに戻る)

 

 

 

www.tokohya.work

 

私が書いてるシャーマンキング系の記事

www.tokohya.work

 

 (記事数めちゃめちゃ多いのでブログトップ、またはカテゴリから一覧出した方が早いかもしれません…)