RabiRa情報発信部

当サイトはAmazon、楽天アフィリエイト、Googleアドセンス広告を利用しています。

【第147廻】シャーマンキング原作の感想をただのファンが改めて書く

初回

www.tokohya.work

 

前回

www.tokohya.work

 

 

 

   

 

 はじめの注意

こちらは私個人の素人感想ブログです。

読み手様はいろんな意見をお持ちでしょうが、その気持ちを大切にしているように

私も自分の気持ちのままの感想を書きます。

合わない方はこのブログを見なかったことにしてください。

感想なのでネタバレも含まれますが「このブログを読んだからもう漫画読まなくても良いな!」となって欲しくないので主観のみを綴り、あらすじ説明は一切しません。

この記事に興味を持ったらぜひその目と心と魂で読んで頂きたく思います。

「改めて書く」が趣旨なのですでに先の展開も知って書いてます。

感想話数よりも随分先の展開もネタバレするので、ネタバレを気にするマンキンご新規さんは閲覧にご注意下さい。

 

推しは道蓮です。

テンションが他のキャラと比べて格段に違うと思うのでご注意下さい。

御了承頂いた方のみの閲覧をお願いします。

 

参考漫画

 

アニメ該当話 

 

2021年版

www.tokohya.work

 

第147廻「修験」

 

中国拳法〜〜!!!もっと見せて〜〜!!アニメでももっと動いてくれてよかったのよ!!(新アニメの幹久タイフーンは比較的見応えがあって私は好き)

蓮の四閃刀幻鏡めっちゃ好きなんですけどあまりお披露目機会がなくてちょっと寂しい。

しかも新技なのに総ハズレじゃいですか、メインキャラの新技が決まらないしかも負けるこの反王道感。

推しが惨敗してるけど私はこのバトルは5本指に入るくらい好きですね。基本蓮が負ける試合は味が深くて面白い。いや意外と続編含めて作中ではあまり勝ちがないですけど…これから続編でもたくさん活躍の場がありそうですし勝ち進んで欲しいよ頼む!本当に頼む…!

 

「オーバーソウルに影はできない」

さりげなく重要ワード出ましたね。テストに出ますよ〜ってくらいこの先たくさん出てくる。

この冒頭6ページでアニメ一話作って欲しかったよハラハラしちゃうよ…

 

葉くんとアンナさんとまん太が3人揃うの久しぶりな気がする。むしろようやく。シャーマンファイト予算の頃とは違い重たい話をしているけれど、絵の並びと笑いを入れていく緩やかな時間の流れに少しだけ安心感があるような。

「だからみんな頑張ってる」

これは誰のことを指しているのかな?自分の身内かな?友人かな?それとももっと大きな…ハオの話ではなくシャーマンキングを目指すものの…概念みたいな話かな?(私もまん太同様何もわかりませんね…)

ほらまん太くん話があっちこっち行っちゃってとってもとっても混乱してるじゃないですか…

 

葉くんが幹久のことをアイツって呼ぶの、もう本当に父親やってないんだなっていうのが丸わかりですよね

その癖に蓮に説教垂れたりルドセイにパパと呼んでも…とか言うしもう自分が後悔タラタラの人生じゃないですか…

ハオを逃した責任で修行に出て葉からも逃げるのは違うと思う。むしろ真っ向から向き合うべきだったと思う。茎子さんワンオペになっちゃうじゃん

茎子さんワンオペになっちゃうじゃん!!!(2度言う)

みんな茎子さんに負担かけすぎ 本編で活躍が少ない分そこが目立たなくてかなり思うところある……そりゃ遺影も逆さに持ちますわ

登山セット書いてあるの笑った。今2023年リアルでは富士山の弾丸登山アブねーよ!が話題になっていますよね。登山はしっかり準備してから臨んで下さいね!(私は登山は嗜んでないので高尾山止まりなんですけどね…)

www.tokohya.work

 

 

 

 

頭固いからトンガリも固いの?

それ葉くんに言われた途端に場面変わって蓮のトンガリ折れてるよ!このシーンはかなり衝撃でしたね。

でもこのトンガリが折れている表現、蓮が負けっぱなしやられっぱなしで心が折れているのではなく、その固い頭を柔軟に働かせて自分が弱い事も認めつつそれでも強いと自分で認めていかないと勝つことすらできなくなる、邁進の表現なんですよね!!!!自己肯定を高める為、負けていても次の為に自分の弱さと努力を認めて前に進もうとする言葉が「我不迷」

別に意地を張っている訳ではないんだなあ!!カッコいい!!!!ペロリ!!!!!!

 

 

www.tokohya.work

 

私が書いてるシャーマンキング系の記事

www.tokohya.work

 

 (記事数めちゃめちゃ多いのでブログトップ、またはカテゴリから一覧出した方が早いかもしれません…)