RabiRa情報発信部

当サイトはAmazon、楽天アフィリエイト、Googleアドセンス広告を利用しています。

【第16廻】SHAMAN KING THE SUPER STAR原作の感想をただのファンが書く

 

 

参考漫画

 

 

 

 

アニメ該当話

あれば追記します。

 

 

初回

www.tokohya.work

 

前回

www.tokohya.work

 

 

   

 

 はじめの注意

こちらは私個人の素人感想ブログです。

読み手様はいろんな意見をお持ちでしょうが、その気持ちを大切にしているように

私も自分の気持ちのままの感想を書きます。

合わない方はこのブログを見なかったことにしてください。

推敲せずとりあえず投稿しています。誤字脱字諸々は後日改めて更新するので広い心でご覧ください。

感想なのでネタバレも含まれますが「このブログを読んだからもう漫画読まなくても良いな!」となって欲しくないので主観のみを綴り、あらすじ説明は一切しません。

この記事に興味を持ったらぜひその目と心と魂で原作を読んで頂きたく思います。

先の新作漫画の展開も知って書いています。

感想話数よりも随分先の展開もネタバレするので、ネタバレを気にするマンキンご新規さんは閲覧にご注意下さい。

 

推しは道蓮とその一家です。

テンションが他のキャラと比べて格段に変化すると思うのでご注意下さい。

御了承頂いた方のみの閲覧をお願いします。

 

 

 

第16廻「天国の門」

デスゼロFROM FLOWERS編&三代目ITAKOのANNA編です。

 

無茶振りの桜井。

青梅さん、前話の艦長の時も思ったけど人から信頼されると弱いな〜自己肯定感が低い感じ…

こんなに頭良くて賢い…賢いからこそかなあ…

味方が他にいるらしい。桜井の人気で。

青梅さん、自分も人気者になりたいんだ。人気の桜井が常に隣にいるから劣等感ばっかりだ…

そして戒造の改造(これが言いたかっただけでは?)

 

彼ら、組織の本部の豪華客船 NORTHERN LIGHTS

 

Northern Lights

Northern Lights

Amazon

 

アンダーソンさんって5話に登場したアンダーソン司令のおじいさんよね。

【第5廻】SHAMAN KING THE SUPER STAR原作の感想をただのファンが書く - RabiRa情報発信部

つまりフラワーズのプチ修羅地獄にいたアンダーソンさんよね

【第23廻】シャーマンキングフラワーズ原作の感想をただのファンが書く - RabiRa情報発信部

ルーク・ラッソ ホラきたルーク・ラッソだ!!ラキストのおじいさん、船(家)のオーナー、彼ら=組織=X-LAWSの前身=ヘブンズゲートのボス。身長2.5m。

 

正義の為に「奴ら」の仲間だったけど裏切った人。

ブラメイちゃんバチギレ。何にキレてんだ?だってブラメイちゃんがバチギレしてるスピメア(おそらく「奴ら」側)(違ったらごめん)とそれを裏切ってるルークはもう敵同士じゃん。一度でも所属してる地点で許せねえ的な?

ルークの優雅な暮らし、確かにね〜……裏切りとはいえ多分「奴ら」側の支援を受けてるんだろうねえ…と思うとブラメイちゃんがキレてる理由も納得かも。

 

でもルークを倒す権限は神にもないらしい。

ヤービスカードのアーカイブビューイング、「地球圏内に限る」の文字も気になる。FOMの舞台は地球じゃないし…

 

桜井とアンダーソンめっちゃ仲良しじゃんん!!

どゆこと?フラワーズのプチ修羅地獄では「自分は桜井に撃墜された」って言ってるじゃん…?

プチ修羅地獄だから「本当の世界ではない」のでその辺の相関図はめちゃくちゃなんだろか…いやプチ修羅地獄のアンダーソンさんの記憶が曖昧なんだろか…プチ修羅地獄だしな…フラワズでは桜井のことを初対面だと認識してた。

 

桜井がボリボリンゴおっ!?してる間の青梅さん…

決定打くらった感じかなあ…鴨川と感じた事が同じだったのかもしれない。ファイルの内容もあるかもしれないけど、周囲のアレコレを見てそれ以上に自分の自己肯定の低さに羨みとか妬みとか、つまり自爆なんですけど…(少なくともヘブンズゲートの人間は青梅を評価してる訳だし…)うん…あるよねそういうの…

 

 

登場人物(整理の為)

 

桜井咲太郎

青梅戒造

アンダーソン

ルーク・ラッソ

 

鴨川羊介

ブラックメイデン

 

千春(モノローグ)

 

www.tokohya.work

 

私が書いてるシャーマンキング系の記事

www.tokohya.work

 

 (記事数めちゃめちゃ多いのでブログトップ、またはカテゴリから一覧出した方が早いかもしれません…)

 

無印原作感想

www.tokohya.work

 

フラワーズ原作感想

www.tokohya.work