RabiRa情報発信部

当サイトはAmazon、楽天アフィリエイト、Googleアドセンス広告を利用しています。

【第11廻】SHAMAN KING レッドクリムゾン原作の感想をただのファンが書く

レックリの感想書くと思うことが多すぎるのでとても時間がかかる〜!!

スパスタの感想から毎日更新が途切れないように書き溜めをしていたのですが前回の10話の執筆に5日かかってしまったのでついにストックが尽きます。更新にお時間を頂きます。8月のスパスタの連載再開までには追いつきたい気持ちではいるのでなるべく早めの更新を心がけます。

いつもご覧頂きありがとうございます。

 

 

参考漫画

 

 

 

 

 

アニメ該当話

あれば追記します。

 

 

初回

www.tokohya.work

 

前回

www.tokohya.work

 

 

 

 

 はじめの注意

こちらは私個人の素人感想ブログです。

読み手様はいろんな意見をお持ちでしょうが、その気持ちを大切にしているように

私も自分の気持ちのままの感想を書きます。

合わない方はこのブログを見なかったことにしてください。

推敲せずとりあえず投稿しています。誤字脱字諸々は後日改めて更新するので広い心でご覧ください。

感想なのでネタバレも含まれますが「このブログを読んだからもう漫画読まなくても良いな!」となって欲しくないので主観のみを綴り、あらすじ説明は一切しません。

この記事に興味を持ったらぜひその目と心と魂で原作を読んで頂きたく思います。

先の新作漫画の展開も知って書いています。

感想話数よりも随分先の展開もネタバレするので、ネタバレを気にするマンキンご新規さんは閲覧にご注意下さい。

 

推しは道蓮とその一家です。

テンションが他のキャラと比べて格段に変化すると思うのでご注意下さい。今作大暴走すると予めお伝えいたします。

御了承頂いた方のみの閲覧をお願いします。

 

 

 

 

第11廻「紅紅の絵本」

ほんほんのほん

 

いやいやいや道蓮は導士じゃないんで。絶対嘘ですねって初見の頃から思っていたんですけど、後にやっぱり嘘だったというネタバラシがあるので、つまり紅紅に嘘をついていたわけで、それって田さんの言ってる「家族仲が良い」と言えるのか?と私は思うんですね。嘘を吐く家族が仲が良い?紅紅ちゃんは本当に家族が好きで家族に迷惑をかけたくない、自分も役に立ちたいという気持ちで自ら行動していて、他の兄ちゃんや姉ちゃんはそれをただ利用しているだけなのでは?道家の潤の気持ちと行動が伴っていない部分を批判してた紅紅ちゃんだけど(紅紅ちゃんは純粋な気持ちで行動してるので潤さんに対してイライラするのは価値観の違いなので仕方ない)兄姉に裏切られているかもしれない紅紅ちゃん……蓮と潤はお互いを気遣っているからこそ罪悪感からの行動になってしまうけど、そっちの道の方が気持ちの面では東よりも正常じゃない?と個人的に思う訳です。

東の四聖獣はFOMまでは動けない(なんで?)らしいので紅紅ちゃんが動くしかないらしいですが……それにしてもなんかほんと東側の人々の心情マジ謎。

私の読解力がないからだと思いますが、東やその他続編に登場する新キャラに関しては読解する為のヒントも少なく感じて、悪いんだけど例えるなら推理小説を読んでる時に読者に何もヒントが与えられないまま結末まで読み進めなきゃならないストレスをシャーマンキング続編全般に微妙に抱いている感じです。展開が遅いと感じるのはこれが原因かも。レックリに限らず。だから今の段階で東家のキャラを全く好きになれない。でも私はもう人生の2/3をシャーマンキングに費やしているのでできる限りストーリーを理解、自分なりの解を見つけたいんですよね。東の方の何かがわかれば少しくらいは好きになれるかもしれない。夏のスパスタの連載再開が楽しみです。

 

会合の内容もここでは明かされないしな…ほんとわからん…

永紅もわざわざこのタイミングでその絵本を?と思うともう怪しすぎる。わざとやってんのか?と全てを疑いたくなるのであった…刑天も永紅の言葉を遮ってるからこれも嘘発言って読み取れるしね…ほんと紅紅を頼むぞ…

チームヤービスの大将に鴨川、補佐にブラメイと紅紅がついててその下の隊長クラスに四聖獣がいるんだったと思うんだけど、鴨川、ブラメイ、紅紅の3人がこの四聖獣に食われそうで今から怖…この3人ともただ利用されてるだけの被害者側のような気がしてならない。

いや刑天の言う通りめちゃくちゃ強くなった紅紅が東を統率するとかでも熱い。それを狙ってそうなのも確かな気もする。ほんとわからん。

紅紅と刑天の関係は好きだなあ…今後の展開が楽しみな2人ではあります。

ところで道家の別荘、東ん家から車で48時間かかるぽいぞ!

 

紅紅も、というか自分が生まれた意味とか環境とかを受け止めたい潤さん。しかし受け止められないのは「救われる」自分。道家に生まれた以上、自分が生まれたからこそ失われた命がある以上は救われてはいけないと思っている。潤さんに酷いことしたのにこれ以上田局長すらも巻き込まないように逃がそうとする優しい潤さん、弟にずっと寄り添ってきた潤さんだから、きっと麻倉葉に出会う前から既に潤さんは心のどこかでこの罪悪感と戦っていたのかもしれない。

自分が誰にも甘えられなかったからせめて弟には同じ気持ちになってほしくなくて自分が甘えられる存在になろうとしていたんだろうな…

自分を受け止めてくれる存在がいないから自分も自分を受け止められなくて、でも誰にもお願いできなくて、でも白竜はずっと潤さんに寄り添っていた訳で、もう白竜になら甘えても良いってやっと思えたんだろうな…

やっと気持ちが通じ合えた瞬間なんだと思います。長かった。麻倉葉に出会って札なしになってから約15年。長かったね…ずっと苦しかったね潤さん…

 

今更思ったんだけど刑天、下半身履いてなくない?ヤバキャラデザ!アシュクロフト以来のヤバさ。

潤さん、巫力の回復的には不十分だと思うんだけど大丈夫なんだろか…

 

 

 

整理の為の登場人物

道潤

李白竜

田局長

道蓮(妄想)

 

東紅紅

刑天

東永紅

東家の母さん

 

www.tokohya.work

 

 

 

私が書いてるシャーマンキング系の記事

www.tokohya.work

 

 (記事数めちゃめちゃ多いのでブログトップ、またはカテゴリから一覧出した方が早いかもしれません…)

 

無印原作感想

www.tokohya.work

 

フラワーズ原作感想

www.tokohya.work

 

シャーマンキングザスーパースター原作感想

www.tokohya.work