とこうや情報発信部

本当は毎日更新がしたいんだぜ

【2020年4月4日】今週のお題 しごとの思い出

高卒、30代なのでそりゃものすごくものすごく仕事のエピソードを沢山抱えているのですが、

初めて入社した会社の話をしますね。

 

もう辞めた会社です。先に言っておくと良い思い出はあまりないです。

何も良い事を書かないので賞狙ってないです。書きたいから書いてます。

ある意味心打たれるかもしれませんがこんなのが入賞したら世も末です……

 

審査員さんはこの記事読むの無駄だと思うので次の方の読んでくださいね。

 

 

 

   

あの時はまだ10代だったのよ

高校時代のアルバイトは、二年生の夏休みのみ。工場で化粧品の仕分けをする。

以上。

 

そんな平成元年生まれの私はろくにアルバイトもしないまま、高校を卒業してとある食品スーパーに就職しました。

正社員です。

入社日3月16日(シフトの切れ目が毎月15日なので)、内定が決まったのが2月。

卒業旅行?行けませんでした。

卒業後、即入社です。

 

レジ部に配属されましたがレジもまともに打てない、それどころか接客の経験もありません。

先輩やベテランパート様に教わりながら覚えていきます。

レジは一日で覚えたかな……、二日目からは実践でレジ入ってました。

 

さてそんなクソ小娘18歳の私ですが、先輩が4月に他の店舗に人事異動になりました。

もう一人の先輩と一緒に、社員二人とパートさんでレジ部を回していく事になります。

スーパーってね、正社員ってだけでリーダーやらされるのね。

パートさんの方が10年も働いてて仕事できるのにね。

 

その先輩も入社二年目の方だったそうです。

さてそのもう一人の先輩、5月で退職しました。

 

後任、いません。

 

つまり、私は18歳、入社約三ヶ月で部門責任者です。

レジ打てるようになったばかりの小娘がリーダーです。ワロタ。

初任給、手取り11万のリーダーです。ワロタ。

 

普通なら辞めるじゃん、私はろくにアルバイト経験もなく世間を知らなかったので「あ、社会人の厳しさってこれが当たり前なんだぁ」とぼんやり考えてました。

みんなこれ経験して成長するんだなあ、私も頑張るかぁ、やるしかないなぁ

 

なんて

これある意味自己洗脳というか、洗脳されてたというか。

これが異常だと気付いたのは入社三年目で、正社員の後輩を教える事になり、他店舗の同期がぬくぬくと先輩社員に研修受けてる教わってる状況を目の前で見てからでしょうかねえ、遅いね。

 

パート、バイト、部下20人の統率。できるわけないけどなんとかなった。ワロタ。

パートさん、憐れんでくれたんだなと思います。

 

なんだかんだ辞める踏ん切りもつかなくて、やめたのは入社8年目、26歳の冬でした。

最後は相当鬱になってたなぁ、初めての会社って辞めづらい。

 

書いてきて飽きてきたので今日はここまで。

辞めて四年も経つのに忘れられない呪いにかかってるのでおいおいこの話が出て来たらまたへぇ、まだ自分の方がマシかもな、という気休め程度に流し読みしてたまーにはっつけてある広告やらなんやらをぽちぽちして頂けたら嬉しいですね。

 

あ、でもスーパーのお仕事自体は楽しいんですよ。お客様と会話して得られる雑学もあるし、

このコロナご時世、経済に大ダメージ受けててもスーパーはライフラインの最後の砦ですから職を失うことはないし(まあ感染リスクはあるけど)

 

あと強靭な精神力が身につきます。

お客様に怒鳴られても大根投げられても涼しい顔ができるようになりますし、あ、別に人間って嫌われてても生きていけるんだなって思います。

もうそれ以上にパートさん同士のいざこざの方がエグいし、シフト作りに文字通り血反吐を吐きます。

 

マスクが店になくて怒鳴られて毎日泣いてるドラッグストアの店員さん、乗り越えたらきっと次はいいことあるかもしれません……頑張りましょう……(3.11の震災特需で水や納豆や牛乳の個数制限守らない客に怒鳴り返した事のある私より、ってかスーパーの個数制限多すぎてレジ部では把握できませんなんとかしてあげてくれ)

 

 

   

 

転職nendo×はてなブログ 特別お題キャンペーン #しごとの思い出

転職nendo×はてなブログ 特別お題キャンペーン #しごとの思い出
by 株式会社Jizai「転職nendo」